2016/09/10

猫のご飯 ノーグレイン(穀物不使用)

ノーグレインとは、原材料に穀類(小麦・米・トウモロコシなど)を含まないフードのこと。
本来、肉食であり、腸が短い猫にとって炭水化物の消化は苦手と言われています。

グリちゃんは来て間もなく軟便になったので、食事について気になるようになりました。

*しかし、この軟便の原因は猫回虫であったことが後に判明します。
猫回虫飼ってた!

先代も先々代も、ご飯は近くのスーパーで買っていました。
特に、成分を気にしたことはなかったですが、なんの問題もなく長生きしてくれたので、そんなに神経質になることはないと個人的には思います。

先代はモンプチゴールドまぐろか、それと同等のウェットしか食べませんでしたよ。
カリカリは一切食べなかったです。
こんなの食べ物じゃないって感じで見向きもしませんでした。

グリちゃんのためにありとあらゆる種類の成分を調べましたが、結構、米類や小麦などの穀物って入ってますね。
構成%は非常に少ないので気にするほどじゃないと思いながらも、グリちゃんは特別胃腸が弱いのだと勘違いしていた私はとりあえず、ドライもウェットもノーグレインフードに変えました。

ドライフードに至っては、成分内容がずいぶん違うことを認識。
ウェットフードについても、穀物の他に、増粘剤という添加物がほとんどのフードに入ってますね。
これを避けると買うものがないかも?って感じです。

結局、ドライはカナダ産、ウェットはドイツ産を買うことに。
割高感が半端ない。
だって、それらの現地の値段を調べると日本のスーパーで売ってる普通のご飯と同じくらいで売ってるんだもん。
日本だと高級プレミアムフードというタイトルがついて軽く4倍で売ってる。
輸入経費がかかってるからしょうがないけどね。

別になんでもいいから、もう起きてご飯ちょうだい
IMG_4430.jpg

コメント

非公開コメント